2017年

お久しぶりのブログです。

毎回久しぶりって言ってる気がします。

 

ドタバタしてたらあっという間に今年も終わってしまいそうです。

盛り沢山すぎる1年でしたので

[ ライブについて ]

[ 作曲について ]

の2つについて分けて話してから、来年の抱負を話そうと思います。

 

 

[ ライブについて ]

・yumegiwaTone - 27本

・the stations - 6本

・もてあそべばゆううつ(サポート) - 2本

 

今年は計35本、ライブをしました。

毎月約3本ライブしてたことになります。

まさかこんなにやるとは…。

 

今年の1月13日(金)に初めてyumegiwaToneとしてライブをしました。

遥か昔に感じる。

一昨年くらいからライブのやり方を検討し始めたもののなかなかスタイルが定まらず、長いことライブやるやる詐欺状態になっていましたが

とりあえず勢いで1回!と思い始めてみたらそこからは怒涛でした。

 

今までご一緒することのなかったジャンルの方々と対バンして

妄想の中だけだったVJ付きのライブをして

憧れの存在だった方々、そして野心を持ったアツいアーティストと出会うことができました。

 

ソロだと身軽なのもありますが

ありがたいことに沢山の人がyumegiwaToneの音楽に興味を持ってくれて、

その皆様のおかげで多くの価値のあるライブをすることができました。

今年出会ってくれた皆さんに感謝です。

 

何と言っても、VJをしてくださるHello1103さんには特別な感謝を。

初めてお会いした時はこんなにお世話になるとは想像していませんでした…。

信頼100%。

とんでもなく温厚なお人柄かつライブが刺激的なお2人ですが、出会った当初と比べて最近益々音と映像の刺激が強くなってて素敵です。

いつかこの恩をかならず返さねば。

 

 

the stationsは今年サウンドの方向性を変えました。

数年前は積極的に取り入れていたダンスロックの要素を削ぎ落とし、

ポスロク、エモ系に寄せていったのですがいかがでしたでしょうか。

「捻れた破片」という我ながら最強の曲が生まれたりもしたので

個人的には良い方向に進んでいる気がしています。

the stationsは活動がゆっくりですが、着実に前に進んでおりますので

ぜひライブに遊びにいらしてくださいね。

 

そして、今年は初めてサポートを引き受けました。

シンセで。

もてあそべばゆううつは変態リフ攻めプログレバンドなので弾くの大変…。

でも勉強になりました。

声かけてくれたヨッシーさんありがとう。

 

 

[ 作曲について ]

yumegiwaTone - 4曲

the stations - 2曲

suion - 1曲

 

 

ライブに気をとられたからかあまり曲が増えなかったですね。反省。

この他に自分の活動以外で作った曲はありますが

それにしても公開した曲が少なくなってしまいました…。

ただ、少ないかわりにどの曲も思い出深い。

 

 

最近自分の曲の強みはなんなのかをよく考えています。

作曲家の個性とは。

 

作家性は殺したほうが良い場合と

バリバリに前面に出していったほうが良い場合があるかと思いますが

音楽活動に関しては後者でいきたい。

だから、自分の強みはなんなのかを改めて考えています。

 

でもその辺も、yumegiwaToneのライブ活動を通してちょっと理解し始めています。

現場は勉強になることがいっぱいある。

来年発表する曲はそれを踏まえて作ります。

 

 

ということで来年の抱負ですが、

『ライブ減らして音源増やす』です。

ライブは量より質を。

音源は今年よりも多く。

 

 

今年は飛躍の年になりました。

繰り返しにはなりますが、今年出会って下さった皆様、ありがとうございました。

来年がどんな1年になるのか今から楽しみです。

みんなで楽しいことしましょう。

 

それでは、よいお年を。

『pm3:30/overflow』と『trip』

お久しぶりです。

油断すると更新に間があいてしまいますね…。

 

yumegiwaToneもすっかりライブ回数が増えまして、だいぶ違和感が減ってきました。

観にきて下さった皆様、本当にありがとうございます。

もっと良いライブになるよう日々精進致しますので、是非また遊びにいらして下さい。

まだお会いしてない皆様も、yumegiwaToneはライブの方が良いとの噂もあるのでお気軽に是非。

 

さて、ソロのライブ活動を始めてから曲が2曲増えました。

 

まず1曲目、『pm3:30/overflow』と

www.youtube.com

 

2曲目、『trip』です。

www.youtube.com

 

 

 

まずoverflowの方ですが、こちらは昨年末に公開した『am6:00/slumber』と同じテーマの作品になります。

どちらも時間を書いているのでお気づきかと思いますが、ある人の1日のサイクルを切り取り、時間ごとの感情、感覚を曲に閉じ込めております。

次のアルバムはこのテーマで構想中です。

slumberでは朝のまどろみを、overflowでは日中に溜まった喜びの感情が溢れる感覚を曲に閉じ込めました。

具体的に言うと、学校で良い事があった少女が帰り道に嬉しくて踊りだしちゃうイメージです。

伝わるかなぁ。

まぁ作曲者の勝手な妄想なので各々の解釈で気持ちよく聴いて頂ければありがたいです。

あとyumegiwaToneでは珍しい変拍子です。

そんな難しい事はしてないですが。

ライブではすっかり定番の曲ですね。

 

 

2曲目のtripは上に書いたテーマにあった次の音がなかなか見つからないので、気分転換に別方向でやりたかったことを詰め込みつつ作りました。

旅行が好きでして、新しい場所に行くと気分がリセットされると言いますか、人生色々悩みはあるけどそんなのどうでも良いって思える時があります。

そんな感じの感情から音を乗せていきました。

結果的にはだいぶslumberやoverflowのサウンド感にも近いですが、よりライブ向きの仕上がりになった気がします。

 

 

どちらも過去の曲よりも確実に進化している楽曲になりますので、是非ぜひご一聴下さい。

 

 

7月、8月は楽しみなライブばかりで、さらに年末あたりもライブが決まりつつあります。

ありがたい。

ちなみにthe stationsも超絶格好良い新曲ができました。

本当に自分が作ったのか疑ってます。

7月30日の立川BABELでやるのでこちらも是非ぜひ。

 

 

それでは、『pm3:30/overflow』と『trip』を宜しくお願い致します。

yumegiwaToneライブ報告

とてつもなく遅れましたがあけましておめでとうございます!

2017年も1月が終わりそうですが、yumegiwaToneのライブ2回無事に終わりました!

見て下さった皆様、ありがとうございました。

 

以下、先日のセットリストです。

 

1_kioku 

www.youtube.com

2_enter

www.youtube.com

3_i.m.e

www.youtube.com

4_saita

www.youtube.com

5_freedom

www.youtube.com

 

 

ということでYouTubeでご試聴頂ける曲をやらせて頂きました。

1回目の下北沢ReGでは尺の関係でi.m.eを抜いてしまいましたが、

この5曲はそれぞれ思い入れが特に強いので

最初のライブでやろうと前々から決めておりまして

実際演奏してどの曲も手応えがあったので安心しました。

 

面白かったのは、対バンの皆さんから想像していたよりも反響を頂けたので

意外とバンドに混ざっても大丈夫だったことですね。

というかその対バンの皆さんが強力な方が多かったので

その中で戦えたのは自信にもなりましたし、素直に嬉しかったです。

 

yumegiwaToneのライブを通して知り合った方々、仲良くして頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します。

そして今年はこの活動を通して多くの方々と出会えそうな予感がしてます。

 

次回は3月19日(日)にヒソミネが運営しているBekkanというカフェでのライブが決定しました。

カフェでやることなんて今までなかったので、気合い入りまくりです。

リラックスしてコーヒー飲めるようなセトリでいこうと考え中。

 

カフェもそうですが、今年は今まで立てなかった舞台に色々挑戦できたらいいな。

でも基本的には急がず焦らずじっくりやっていきますので

ゆるく長く、聴いて頂けると幸いです。

 

それでは。

yumegiwaToneライブ決定

ソロの初ライブが決定致しました!

 

____________________

2017/1/13(Fri)

REDOレコ発『テロメアの極点』@下北沢ReG

open 17:30 / start 18:00

adv ¥2000+1drink / door ¥2500+1drink

act : REDO / 雨鳥 / アルク・ケット・シー / 夜鷹草子 / ファンタスティックフォー / yumegiwaTone

____________________

 

やっとですね。

もうずっと前からやるやる詐欺だったのですが、やっとやります。

 

今回は知り合いのバンドであるREDOのレコ発に呼ばれました。

REDOのリキ君本当にありがとう!

 

REDOは今年の10月にバンドで対バンしておりまして、

今回の企画もバンドで出る話があったのですがメンバーのスケジュールの関係上

ソロで出させて頂くかたちになりました。

 

yumegiwaTone含め6組出ますが、僕以外全てバンドみたいです。

エレクトロ系の初ライブなのにオルタナバンドに囲まれてやるってのが僕らしいなと勝手に感じています。

でも先々新しい場所でやってこうと計画中です。

 

セトリは前々から考えておりました。

出し惜しみせず、最大出力でいきますので

皆さんもし宜しければ遊びにきて下さいね。

 

チケット取り置きはHPのcontactから承っております。

contact – yumegiwaTone official web site

 

あと、会場でCD売ります。

さらに先日公開した新曲を会場限定特典で付けることに決めました。

次のCDはまだ時間がかかりそうなのでこの機会に是非。

 

来年はソロのライブだけでなく、バンドも色々計画中です。

 

 

 

今年を総括しますと

・suion→音源制作の幅を広げる

・the stations→ライブして新曲を増やして演奏面とセトリの強化

・yumegiwaTone→HP制作、iTunes販売開始、挑戦な新曲制作

というところでした。

去年に比べて音楽できたので満足。

来年のことも色々決まりつつあり、もっと充実させていこうと思います。

今から楽しみ。

 

 

では皆様、良いクリスマスを!

そして良いお年をー!

am 6:00 / slumber 解説

例のごとく久しぶりの更新です。

 

前回更新してから毎月のようにバンドのライブはしておりましたが、告知等書くの忘れておりました。

個々最近のバンドの話もネタがありますが別の機会にまとめて書きます。

 

 

本題ですが、yumegiwaToneの新曲ができました。

 

www.youtube.com

 

「am 6:00 / slumber」という曲です。

ちょっと長くなりますが解説していこうと思います。

 

 

まず簡単にまとめますと、今までと同様エレクトロニカやポストクラシカルを土台に構成しつつ、今回はアンビエントを強く意識して制作しました。

以前アンビエントの考え方についてブログに書きましてそれがそのまま説明にもなるのですが、その他の流れも含めて説明していきます。

 

 

今回の曲、1年2ヶ月ぶりの新曲です。

その間は

suionの新曲発表→yumegiwaToneのHPを作り1st albumも全体を編曲しなおしてiTunes販売開始→バンドの新曲と依頼された曲の制作+ほぼ毎月the stationsのライブ

とそれなりに活動しておりました。

 

yumegiwaTone単体で考えますと

実は5月のHP作成後すぐに次のアルバムに向けた曲の構想を練り始め、

6月くらいには今回の曲に手をつけ始めました。

 

で、なんでこんな半年もかかってしまったのかと言いますと、

「今まで作曲した中で最長になる10分以上の曲作ったるで!!」

という目標の関係です。

これが大変だった…。

 

そもそも何故そんな目標を掲げたのか、ですが

僕のソロ活動 ( yumegiwaTone+suion ) の通算20曲目(現在公開してない曲も含む)になる作品だからなのです!

地味にめでたい!

 

そんな節目で分かりやすいチャレンジとして思いついたのが「10分以上」でした。

 

バンドの曲は特に顕著なのですが、僕の作曲理念みたいなものの中に

「聴いていて飽きさせない曲を作る」って考えがあります。

好みの問題もあるので結構難しいのですが、

単純なテクニックとして曲の展開を早くしたり

下手に尺を伸ばさず潔く終わらせることは毎回意識しております。

 

この考えを持ち合わせた上で「10分以上」という目標は正直不安しかなかったのですが

せっかくの機会だしやるっきゃない!ってことで実行しました。

 

それと平行するように、6月中旬に津田貴司さんのCDと出会いました。

音源聴いてたら外部の生活音を吸収してびっくりしたという話のやつです。

( 2016/6/14にブログに書いています。 )

 

作曲の考え方としてかなり刺激を受けましたし、yumegiwaToneの楽曲ならそれを取り入れることも可能だと考え、試みました。

 

実際作り始めてみると

まあなかなか難しくて進まないわけです…。

外部の音を取り入れるってことはある種の「余白」が必要なわけで

でもその余白によって寂しく感じさせないようにするなんて

考えれば考えるほど訳が分からなくなりました。

それこそ、聴いている人が飽きてしまうのではないかという不安もありましたし。

 

作っているうちに、このままじゃあかんとなりまして

吹奏楽をやっていた頃を思い出そう!となりました。

僕は中学高校の6年間は吹奏楽に青春をかけていたのですが、

吹奏楽の曲って長いものもあるわけですよ。

そういう曲はやはり展開がかなり繊細で、違和感を感じさせない工夫が多くされているので、それらを先生にしました。

そんなこんなで作っては壊し、作っては壊しを繰り返しながら構築していき

結果的に妥協点のない作品になったと、個人的には満足しております。

 

ということで、

サウンドは津田貴司さんと、ついでに今年めっちゃ聴いていたChristopher Willitsの影響を受けつつ

展開は吹奏楽の楽曲を参考にまとめて出来上がった曲です。

 

 

コンセプトは曲名の「am 6:00 / slumber」 の通りなのですが、

朝の静かな時間のまどろみと言いますか

朦朧としている感じを表現しました。

抽象的なコンセプトはアンビエントと相性が良いですね。

 

先程「何となく夢と現実の狭間みたいな印象を受けた」という感想を頂きました。

作曲イメージと近い印象を受けて頂けて非常に嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 

今年の曲の発表は多分これでおしまいです。

どうにか今年も3つの活動の作曲をして公開&ライブできました。

去年に引き続きギリギリですが。

 

兎にも角にも、完成が年を越さなくて良かった…。

 

 

長くなりましたが、

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

なかなか良い曲が出来たので

まだ曲を聴いてない方がいらっしゃいましたら

是非お聴き頂ければと思います。

 

それでは。

津田貴司『湿度計』

タイトルにある津田さんのCDがとても良く、音楽的な新しい発見があったので記載しとこうと思います。

 
ジャンルとしてはアンビエント環境音楽)です。
水をテーマにしており、リズムが極めて曖昧かつリバース音を利用した絶妙な浮遊感のある曲など、極上のサウンドスケープを体験できます。
 
 
作曲者の津田さんは音楽家兼美術家ということで、曲もかなりアート寄りに感じます。
というか、『曲』というより『音』なんですよね。
生演奏もライブではなくサウンドインスタレーションと呼び、
『湿度計』もインスタレーションからCD化していったということで、
流れから考えても『良い曲』というより『良い音』を目指して生まれたであろうことが想像できます。
 
ここまで書いたことはエレクトロ、アンビエント系ではよくあることなので特別なことはないのですが
 
感動したのはこのCDを聴きながら外を歩いていたときです。
「なんじゃこりゃああ」となりました。
 
学校帰りの小学生がワイワイしながら側を通過していきました。
その瞬間、津田さんの音の中に子供達の声が吸収され、音楽がまた違う表情を見せたんです。
それだけで美味しい塩ラーメンに柚子胡椒を少し加えて違いを楽しむみたいな。
それに気づいた後、車や電車の音などの現在進行形で発生し続けている音がどんどん音楽に混ざり、良い意味で複雑になっていき、周りが静かになると同時に津田さんの洗練された音だけに包まれる瞬間が来る。
それがものすごい精度で実現されていて、この体験に僕はものすごく感動したんですね。
なんか外を歩くことで曲が完成されるみたい。

 
僕も色々作曲してきましたが、基本的にはその曲の中で完成させることを目標にしています。
(バンドの曲はバンドメンバーの意見を取り入れるために余白を作っていることもあるのでそういう意味での例外はあります。)
なので、イヤホンで聴いてもらうときも「できれば静かなところで音の細かいところまで味わって欲しい」というのがあります。
場合によっては子供の声など邪魔になりかねません。(子供は好きなので悪しからず)
 
 
なので、その場で鳴ってる環境音まで取り込むポテンシャルのあるCDを作るなんて発想がありませんでした。
まあ少し考えれば、公園でサウンドインスタレーションをする方のCDですからそういう音楽になるのは自然であり、アンビエントはそうであるべきかもしれないですが
でもバンド音楽が土台となっている僕としては衝撃であり、yumegiwaToneの『i.m.e』などでも環境音は入れていますが、それだけで完結させようとしている自分にはまだまだできることがあるなと感じました。
他の好きなアーティストさんも曲のなかに環境音を取り入れていることは多いですが、そこまで意識しているのだろうか。
 
 
そんな感じで、新しい発見の報告でした。
 今回の津田さんのCDを聴いてこのブログ記事を書いてて
ここ4年くらいで沢山の素晴らしい音楽と出会ったことを思い出したので
ここらでちょっとロック以外を聴くようになってから出会った音楽を
その中の何枚かを紹介するようなかたちで簡単にまとめようと思います。
 
ではでは。

yumegiwaTone ホームページ開設

しました!

3年目にしてやっとホームページできましたよ!

http://yumegiwatone.com

音源聴きやすくまとまっております!

 

 

そして、ホームページ開設に伴い、

1st mini album追加生産版『LIFE』と

2nd mini album『NOVEL』の

iTunesでの販売を開始しました!

ついに全国販売です。ドキドキです。

 

追加生産版の1stに関しましては

初回生産版の『life is beautiful』の音源をブラッシュアップしておりまして

良いところを残しつつ全体的に進化させた内容になっております。

 

さらに!

中でも1番変化のあった「i.m.e」を

ホームページ開設記念にyouTubeに公開しました!

「i.m.e」はyumegiwaToneとして最初に作曲した大切な曲です。

三年前に比べると作曲技法の幅が増えたこともあり、

思い出深いi.m.eだからこそ覚えた技術の全てを注ぎ込むつもりで編曲しました。

ホームページから聴けるようになっているので是非御一聴下さい。

 

 

yumegiwaToneを始めてから三年経ちました。

「ポップなエレクトロ」を常に意識し作り続け、

それぞれの曲の中で自分なりのチャレンジを沢山詰め込んできました。

少しずつ曲も増え、結果として2枚のalbumが生まれ、

「yumegiwaToneの曲好きだから次の曲も楽しみ」と言って下さる方も徐々に増え、

どうにかフェードアウトせずここまでやってきました。

 

まだやりたい事は沢山あります。

バンドのthe stationsでもこれからやりたいことが山積みですが

yumegiwaToneはそれとは全く別の方向でやりたいことが山積みです。

エレクトロは奥が深くて、まだまだ表面を撫でているだけという感じですが

一生かけて、より良い曲を作っていこうと思います。

 

これからも、末永く宜しくお願い致します。